給湯器を賢く選ぼう|快適に過ごす生活の知恵を身につける

男性と女性
  1. ホーム
  2. 交換のタイミングや省エネ

交換のタイミングや省エネ

リモコン

交換するタイミング

「給湯器を交換するタイミングはいつですか」という問いかけに対して、多くの人は故障したのをきっかけに交換すると答えるでしょう。しかしもし冬場の寒い時期に、突然給湯器が故障してしまったら生活に大きな支障が出てしまいます。給湯器にも交換するタイミングやサインというものがあります。一般的に給湯器の寿命は10〜15年程度といわれています。この時期になったら壊れていなくても、交換するタイミングとみて業者に依頼してみましょう。また給湯器に次のような症状が出たら、交換するサインだと思いましょう。お湯の出が悪くなったり、お湯が温まりにくくなったりすると交換するタイミングかもしれません。また給湯器をつけるとその周囲に変なにおいがする場合や、追い焚きが効かない場合も故障する前のサインと考えて良いでしょう。

省エネを心がける

給湯器を使う場合は、常に省エネを心がけたいものです。光熱費が安くなるだけでなく、温暖化の原因となるCO2削減のためにも、省エネの方法を知っておくと良いでしょう。ここでは、簡単にできる省エネの方法について取り上げてみます。まずは追い焚きの回数を減らしてみましょう。お風呂を沸かしたら、なるべく家族で間隔を開けないで入浴しましょう。そうすれば追い焚きの回数も減って、省エネになります。そして入浴しないときは、浴槽の蓋を常にしておくと熱が逃げません。更にお湯を沸かすときは、給湯器から出たお湯をコンロで沸かすのがおすすめです。冷たい水をコンロにかけて沸かすよりも省エネになります。省エネを続けるためにも、これらのことは習慣づけることが必要です。