給湯器を賢く選ぼう|快適に過ごす生活の知恵を身につける

作業者
3台の給湯器

関東圏で使いやすい製品

埼玉県や、関東圏郊外エリアにおいて給湯器を使う時のポイントとしては、住宅設備に合った製品を使う事が大切です。大きすぎる機器や逆に小さすぎても良くなく、燃料代にお金がかかってしまう事があります。自宅の設備に合った給湯器を設置して活用しましょう。

もっと読む

リモコン

交換のタイミングや省エネ

給湯器は、故障する前に交換することをおすすめします。一般的に寿命は10〜15年といわれているので、その時期が来たら取り換えましょう。また故障していなくても、交換のサインが出たら取り換えましょう。また光熱費やCO2の削減のためにも、省エネを心がけましょう。

もっと読む

安くお湯を沸かす方法

給湯器

東京で給湯器を利用する時には、設備や住宅の規模などによって選ぶポイントが異なってきます。例えば戸建て住宅とマンション・アパートなどとでは設置する事が出来る給湯器の形状が大きく異なってきます。戸建て住宅で家族が4人程度の家庭であれば、石油給湯器で大型のタイプが活用しやすいでしょう。大型の製品は内部の熱交換器の大きさが比較的大きく、一度お湯を沸かすスイッチを入れると多くのお湯を沸かす事ができるため、安くお湯を沸かしやすいのです。一方マンションやアパートなど集合住宅で暮らしている場合には小型ガス給湯器や、あるいは小型石油給湯器が活用しやすいでしょう。東京など都市部では集合住宅での利用が一般的でもあるため、東京では小型タイプの普及が一般的とも言えます。快適に過ごす生活の知恵を身につけましょう。

東京ではあまり雪が降る事が少なく、他地域と比較して気温が大きく低下してしまうといった日が比較的少ない地域です。こうした地理条件もあり、昔から関東平野の地域では人が多く定住し、国内では暮らしやすい地域となり現代でも人気がある地域となっています。しかし冬期には水道管凍結の心配がまったく無いわけではありません。統計では東京でも過去に最低気温がマイナス3度程度まで低下したこともあります。雪が降ったときなど水道管凍結の心配がある時には、念のため給湯器を凍結防止モードに設定しておくようにしましょう。このモードでは夜間の気温低下時でも給湯器機器内の水温が一定以下にならないようにマイコンが常時監視を行い、自動的に加熱を行なう事が出来るため給湯器凍結による故障を防ぐ事ができます。

給湯器

できるだけ安く安全に

給湯器の交換をする場合、できるだけ費用を安くするにはメーカーに依頼するよりも販売業者に頼んだ方が安くすみます。また、悪徳業者に引っかからないために、実際に業者を頼む前に評判などを確かめておき、気になることなどは業者の方にどんどん質問しておくのがおすすめです。